• ホーム
  • 各部の稽古内容と理念について
  • 一般部

一般部

永心武館の一般部に対する稽古と理念

一般部では古伝空手の技や術理・体系を学びつつ、空手が正しく身体に身につくことを目的とした稽古をおこなっています。
ココロとカラダを強くすることで人生もより前向きとなり、つねに余裕ある考え方や振る舞いが可能になることと思います。

以下に稽古内容のポイントを挙げてみます。


①体力づくり

まず大切なことは『生涯体育』としての体力づくりが礎となります。

当館にて実施している空手は、身体をすみずみまで動かすことで骨や筋肉の発達を促し、かつ『考えて身体を動かす』能力を引き出すことで脳と神経のつながりを活性化させる目的があります。

空手は単一のスポーツと違い、多種多様な動きを行うため全身を使用し、局所に負荷がかかることが少ないので、身体を傷めずケガも少なく、ここが仕事優先の大人へおススメできる点であり、生涯体育として長く続けていける利点でもあります。

稽古においては多くの筋肉や関節が鍛えられるので、『正しい姿勢づくり』や『アンチエイジング』・『ダイエット』にも効果が期待できます。 

よって自然と体力が高まり、身体の余計な部分が削られてよりシンプルな肉体へと変化が期待できます。



②心の育成

人間形成において心の発育発達は非常に重要であります。 
これは成人にも重要であり、年齢やキャリアとともに富や地位、責任が身につくたびに自己のポリシーや目標を見失わないよう、常に自己と向き合う姿勢が求められます。


永心武館では心の発育発達のため以下の5つの心訓を掲げています。


武の心を習い、(戦わずして勝つ心の持ち方)


禅の心を悟り、(心が乱れない考え方)


勇の心を養い、(あきらめず、くじけない心の養い方)


義の心を重んじ、(人を大切にする心の持ち方)


礼の心を尽くす(いかなる状況においてもに感謝の心を持ち続ける)


空手の稽古を通して自分の心を見つめ、困難にくじけない強さを学び、他人にやさしく親切な人柄であることを心の育成としています。



③稽古方針

稽古では【生涯体育】としての特性を重視し、生涯を通してココロとカラダの健康づくりを主眼としています。


1.無理なく楽しんで取り組めること


2.空手の思想や体術を実生活で応用できる内容であること


3.仲間とともに切磋琢磨し、夢中になれる時間を共有できること



空手は指先に至るまですべての部位をくまなく動かすので、健康づくりに必要なあらゆる身体能力(筋力・柔軟性・瞬発性・持久性・巧緻性)を向上させるのに最適な “体育” であり、ここに空手を推奨する理由があります。

☞ 稽古内容について

☞ 稽古スケジュール

空手
永心武館


さいたま市緑区馬場1-12-13

048(873)1716
(うらわ健友館内)  
お問い合わせ