• ホーム
  • 各部の稽古内容と理念について
  • 少年部

少年部

大きな社会問題である子どもの体力低下

我が国の大きな社会問題のひとつに子どもの体力低下問題があげられています。

具体的には、親世代に比べ『走る』『跳ぶ』『投げる』という能力が明らかに低下しているようです。


埼玉県医師会による運動器検診の結果、ロコモティブシンドロームの恐れがある子供の割合が増加しているとのこと。


ロコモティブシンドロームとは、『運動器症候群』と呼ばれる体を動かすのに必要な関節や骨、筋肉などが加齢や運動不足により機能不全を起こした状態のことで、高齢者に多いとされます。


具体的には、『しゃがみ込む』『走る』などの日常生活を阻害するもので、埼玉県医師会の調査では幼稚園から中学生までの1343人を対象に調査した結果、『片足立ちが5秒以上できない』『しゃがみ込みができない』『万歳の姿勢で二の腕が耳につくまで180度挙げられない』『体前屈で指先が床につかない』などの子供が40%に上るとのこと。(2016年発表)


結果、和式便所でかがめずに後ろに倒れたり、つま先が上がらず何もない場所でつまずいたり、軽度の運動でも骨折を起こす割合が多いということです。


これらの能力はスポーツ活動の基礎であり、日常生活動作に直結する能力ともいえます。


文部科学省は体力テストと同時に生活習慣調査もおこなっており、その調査結果と体力テストの結果には『体力・運動能力が高い子ほど生活習慣も好ましい』という関連性が見られたそうです。


子どもの体力低下は今直面している生活全般に強く影響を及ぼしています。


子どもは身体を動かしたいという活動欲求が強いものですが、現代社会ではその欲求を抑えられがちであり、しいては体力低下とともに欲求を抑えられるという『心の問題』にも強く影響を及ぼすことになります。


以上のことを踏まえると、身体のすみずみまでを動かし、且つ心の鍛錬をも目的とした古伝空手は子どもの成長に非常に適した運動であり、今なぜ武道が求められるかは言わずもがなであります。

永心武館の少年部に対する稽古と理念

①体力づくり
まず大切なことは『体力づくり』が礎となります。


当館にて実施している空手は、身体をすみずみまで動かすことで骨や筋肉の発達を促し、かつ『考える』能力を引き出すことで脳と神経のつながりを活性化させる目的があります。


空手は単一のスポーツと違い、多種多様な動きを行うため全身を使用し、局所に負荷がかかることが少ないので、成長期に決定されてくる『正しい姿勢づくり』にも効果が期待できます。



②心の育成

人間形成において心の発育発達は非常に重要であります。


永心武館では心の発育発達のため以下の5つの心訓を掲げています。


武の心を習い、(戦わずして勝つ心の持ち方)


禅の心を悟り、(心が乱れない考え方)


勇の心を養い、(あきらめず、くじけない心の養い方)


義の心を重んじ、(人を大切にする心の持ち方)


礼の心を尽くす(いかなる状況においてもに感謝の心を持ち続ける)


空手の稽古を通して自分の心を見つめ、困難にくじけない強さを学び、他人にやさしく親切な人柄であることを心の育成としています。



③稽古方針

稽古では【体育】としての特性を重視し、以下の内容を基準に指導しております。


1.楽しんで取り組めること

(我先に並ぶか? 全力で身体を動かしているか? 表情にメリハリがあるか? 大きな声で返事や気合が出せるか?)


2.ちょっとだけ危ないこと

(不安定・ユラユラ・ジャンプ など)


3.競争できること

(夢中・熱中・勝つための工夫・自分たちでルールを決めて競い合う)


4.運動時間は60分を超えない

(日本体育協会や文部科学省で推奨される)


空手は指先に至るまですべての部位をくまなく動かすので、子どもの成長に必要なあらゆる身体能力(筋力・柔軟性・瞬発性・持久性・巧緻性)を向上させるのに最適な “体育” であり、ここに空手を推奨する理由があります。

☞ 稽古内容について

稽古スケジュール

空手
永心武館


さいたま市緑区馬場1-12-13

048(873)1716
お問い合わせ